技術的な挑戦ができる

技術投資10%ルール
プロダクト開発をしていると、どうしても短期的に売上やユーザー価値を高める施策や、優先度の高いタスクに着手してしまいがちです。 そこでエンジニアと経営陣が相談し、導入されたのが『技術投資10%ルール』です。
このルールは、エンジニアの工数の10%を、コードの改善や中長期的に導入したい技術の検証など、エンジニアが自ら判断した技術的挑戦に割り当てるルールです。
個々人の技術投資の積み重ねは、組織の挑戦意欲とスキルを高めます。この個人の"10%"の自由な取り組みが、技術負債の解消やチーム開発の効率改善に繋がることはもちろん、サービス成長のロードマップに組み込まれることで、組織の成果にも繋がっています。